福島県心霊スポット情報

福島県心霊スポット情報

これまでに見聞きした福島県内の心霊スポット(幽霊,妖怪その他物の怪情報含む)の概要と独断と偏見の混じる解説を霊感ゼロの四十雀がいたします。

飴買い幽霊(伊達市)

1 概要

 「飴買い幽霊」という話をご存知だろうか。これは,産褥の中死亡した女性が,埋葬後に赤子を出産,夜な夜な幽霊となり墓を出て,近所の飴屋の元へ行き飴を買い,それを赤子に与え育てる・・・というのが大筋の話で,昔話の中でよく見られるものである。

 しかし,伊達市保原には,この飴買い幽霊にまつわるお寺がある。それが「東光寺」というお寺で,同寺は伊達氏の中興の祖として名高い伊達政宗(九代目当主,独眼流として名高い伊達政宗は十七代目で,九代目をあやかり名付けられた。)の墓と称する五輪の塔や位牌がある由緒ある寺だが,さらに,飴買い幽霊の墓が現存している。

2 解説

 記録によれば,飴買い幽霊は伝藤原清治娘「朝日姫」という女性で,幽霊となり,伊達市霊山町掛田の飴屋に買い物に来ていたという。
 また,赤子は朝日姫が亡くなった日の49日目に発見され,その後無事成長,「清信」と名乗り,伊達氏に仕えた。
 当時の伊達氏の当主は十四代伊達稙宗(1488~1565年)で,稙宗は清信に「四十九院(つるしいん)」の苗字を与えた。
 その後,清信の子清元の時代に,宮城県丸森町金山城主の家臣となり同地に去ったが,現在も同地には子孫が住んでいるという。
 ここまで現実の人物と合致する昔話というものは珍しいのではないだろうか。